Federico Richards

“ プロフェッショナルとして成長し、この会社の成長の一部を成すことを幸運に思います。 ”

Federico Richards, CMA Director - Control Union Brazil

フェデリコは、2004 年に、ブエノスアイレス事業所の取締役会の雑用係として働き始めたときから、Control Union ファミリーの一員です。担保管理サービス事業部に異動した後、フェデリコは昇進し、会計士補佐、オペレーション補佐、次にオペレーション部長の任務に就きました。現在、彼は、Control Union Brazil のオペレーション CMA マネージャーです。

Control Union に入社した理由
私は、農業セクターの機会を探り、優れた会社で経歴を積むという挑戦のために、Control Union に入社することを決めました。Control Union は、私が企業の世界では基本であると考える、価値を持つ優れた人々によって作られた会社です。

自分の任務で最も楽しんでいること
私は、創造する機会を与えられています。継続的な改善を追求するために、私たち全員がともに前進する必要があると理解することを楽しんでいます。

自分の仕事が楽しいことは贈り物です。職場環境が、共通の目標を追い求める優れた人々に囲まれているので、なおさらです。

毎日私が進めていることの 1 つは、私の貢献が会社の主な目標を支援できることを知ることです。私の日々のモチベーションは、人々が会社を定義するということの理解から成長しました。私は、Control Union チームを家族と考え、多くの人々が私に頼っていることを知っています。これは、間違いなく、私を強くし、前進させてくれます。今日は昨日よりも良くなるという希望を持って、日々最善を尽くすことができます。

Control Union で得た機会
Contol Union の一員であることだけでも機会です。この会社で過ごした年数を振り返ると、プロフェッショナルとして成長し、会社の成長の一部であることが幸運でした。もちろん、ブラジルの経営者チームの一部になるように招待を受け取ったことは、新しい市場、新しい人々、新しいサービスを学習するための優れた機会でした。私たちは、知識、適応、そして最も重要である過ちからの教訓を必要とする、異なるシナリオや問題を継続的に取り扱っているため、新しい技術を磨くための新たな機会が毎日与えられます。このため、私たちは、個人としてだけではなく、グループとして成長でき、失敗を乗り越え、新しい責任を引き受ける強さを持つことができます。私は、Control Union は私の教師であり、家庭でもあります。そして、私が決して学ぶことをやめない場所であると考えています。

最も忘れられない日
私は、支援が必要な家族が家を建てて所有できるように支援する非営利組織の活動に参加することを決めた日を決して忘れません。Control Union では、私たちのグループが、ある週末をすべて返上して、このような 1 つの家族のために、手作りの木造の家を建てました。業務外の活動ですが、私たちは全員が私たちを最も必要としている人々を支援することにすべてのエネルギーを注いだため、何よりもすばらしい作業日であったと考えています。私は、これが、世界に良い変化をもたらす、すばらしい例だと考えています。