サステナビリティ

現在の市場では、サステナビリティはビジネスの基本になりました。Peterson および Control Union は、持続可能性業績を改善するために、社内プログラム「Dare to Care」を開発しました。 

Dare to care

社内プログラム「Dare to Care」には、顧客、社員、環境、社会という 4 つの柱があります。当社は世界クラスの製品とサービスを構築してきましたが、事業の社会的側面にも注力することが重要であると理解しています。
当社はお客様との関係に価値を置き、社員の育成や個人の福利厚生をサポートすることで社員を大切にし、エネルギー、水、原材料を節約することで環境に配慮し、さまざまなプロジェクトをサポートすることで当社が事業を行っているコミュニティを支えます。

フットプリントの削減

当社のヘリコプターおよび補給船共有の概念は、燃料消費の大幅な削減に貢献します。また、国際事業所ネットワークのため、お客様が必要なときに当社のスタッフが急行することができます。つまり、当社は飛行機移動の必要をなくしました。これは、インターネット会議設備を使用して、不要な移動をなくすることで、さらに強化されました。
この分野での努力の結果、当社はオランダ環境省の代理として Connect が実施する「Lean & Green Award」を受賞しました。

つながる

当社は、事業を行う社会の人々とつながり、世界中の多数のコミュニティプロジェクトをサポートすることが重要であると考えています。すべての会社が社会的に積極的に活動していることを示せるわけではありませんが、当社は例外です。当社はあえて社会に関心を持っています。

PCA 賞

当社は優れたコミュニティプロジェクトを「Peterson コミュニティ賞」(PCA) で表彰することで社員を刺激しています。